VAIO typeP / antiX-21で日本語入力

Linux

先の記事の通り、VAIO typePにantix-21をインストールしました。
いざ、「記事を書いてみようかな」と思ったときに気づきました。
日本語入力できない・・・

日本語表示になっているので、
入力もできると思っていましたが、
ひと手間かけないといけないようです。

ここでは日本語入力関連のパッケージを選定、インストール
起動のための設定を行いましたのでご紹介します。

日本語入力に必要なもの

WindowsやmacOSなどを使っていると、
当たり前にできると思っている日本語入力。
antix(他の多くのLinuxも同様のようです)で日本語入力を行うには、
インプットメソッドフレームワーク日本語入力システム
使えるようにしなければなりません。

インプットメソッドフレームワーク

WindowsなどのOSを使用していると、
意識することはありません。
OSの機能として組み込まれているからです。
Linuxの場合はこの部分から用意する必要があります。
種類も色々あるので、好きなものを選ぶことができます。

日本語入力システム

日本語入力システムで有名なのは、
JustSystemsのATOKでしょうか。
WindowsだとMicrosoft IME、
その他にも、Canna、Wnn、Simeji等々
色々あります。

antix-21で日本語を入力するには

さて、日本語入力のためには
インプットメソッドフレームワーク
日本語入力システムが必要ですが、
具体的にどのようなものがあるかというと、

インプットメソッドフレームワークは iBus、fcitx、等々
日本語入力システムは Anthy、Mozc、等々

今回はfcitxMozcの組み合わせで
インストールしたいと思います。
分かりやすいインストールの記事が多かったので。

fcitx:元々の名称は”Free Chinese Input Tool of X“。
   現在は”Flexible Context-aware Input Tool with eXtension”を含めて
   5通りの名称があります。ファイティクスと読みます。
Mozc:名称はモズク。Google日本語入力のオープンソース版です。
    カンナとかシメジとか、日本語入力システムの名称は楽しいものが多いです。

インストール手順

インストールにあたっては、
以下のサイトを参考にさせて頂きました。
とても分かりやすく、
迷わず進めることができました。
ありがとうございます。

antiX-19 で日本語入力をする設定にチャレンジ【完全版】
antiX-19 で日本語入力するためには、いくつかの手順を踏まなければならない。今回はその手順を端折らずに紹介する。

こちらは初心者にはちょっと難しかったのですが、
あわせて参考にさせて頂きました。

Fcitx - ArchWiki

パッケージをインストール

インストールするパッケージは、
インプットメソッドフレームワークであるfcitxはそのままfcitx
日本語入力システムのmozcはfcitx用のfcitx-mozc
という名称です。

インストールは以下のいずれかの方法でできます。
1.ターミナルからコマンドを入力しインストール
2.パッケージインストーラーからインストール

参考にさせて頂いた記事では
ターミナルからインストールしています。
関連パッケージのインストールもまとめて確実に
行われるので、ベストな方法だと思います。

ターミナルからコマンドでインストールする場合

スタートメニューから[Terminal]を選択します。
ROXTermが立ち上がりますので、
以下を入力すると完了です。

sudo apt install –install-recommends fcitx fcitx-mozc

パッケージインストーラーからインストールする場合

スタートメニューから[Control Centre]を選択します。
Control Centreの[ソフトウェア]を選択します。
その中の[パッケージインストーラー]を選択します。

antiX-Control-Centre1

“fcitx”で検索すると以下の結果がでてきますので、
“japanese_Input_fcitx”をインストールします。

antiX-package-installer

“japanese_Input_fcitx”をインストールすると”mozc”他、
関連のパッケージもインストールされます。
“anthy”もインストールされました。

antiX-install
超軽量ディストロ antiX 日本語入力環境の整え方
きっとスペックに抗っているのであろう超軽量 Linux の antiX 。antiX をインストールしてみたけれども、まだ日本語環境は完璧ではない。今回は antiX の日本語環境を完璧にするための作業を行う。

ですが、こちらによると、
漏れているパッケージがあるということです。
漏れているとあるパッケージの中で、
synapticパッケージマネージャから
選ぶことのできたパッケージをインストールしました。

・fcitx-frontend-gtk2
・fcitx-module-kimpanel

の二つです。
synapticパッケージマネージャ
[スタートメニュー]-[Applications]-[設定]
の中にあります。

スタートアップに登録

スタートメニューから[Control Centre]を選択します。
次にControl Centreの左のタブの[セッション]を選択します。
アイコン付きで5項目表示されますので、
[ユーザーのデスクトップセッション]を選択します。

antiX-Control-Centre2

.desktop-sessionGeanyで開かれます。
最初に表示されている “startup” の
27、28行目にキーボード関連の記述がありますので、
28行目の”fbxkb-start &“の次の行に

fcitx-autostart &

と追記します。

antiX-startup

環境変数を追加

同じく.desktop-session
desktop-session.conf” というタブがあります。

antiX-desktop

ここの最後の行の後に
以下を追記します、

#set fcitx
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx

ファイルを保存し設定は終了です。

fcitxの設定

[スタートメニュー]-[Applications]-[設定]-[Fcitx設定]で
日本語入力への切り替えのためのキー操作が設定できます。

「入力メソッドのオンオフ」の右側にある四角の枠が
それぞれ、オンとオフの設定になります。
四角の枠を押すと、どのキーに割り当てるか聞いてくるので、
使用したいキーを押すとキーが決定します。

antiX-input

これは好きなものでいいと思うのですが、
「変換」でON、「無変換」OFFという設定にしました。
表示が「Henkanmode」、「Muhenkan」になります。
普段Macのキーボードを使っているので、
分かりやすいかなということで。

VAIO typePでの残念なところ

mozcの設定を開くとウインドウの下側が見切れてしまいます。
VAIO typePの縦方向の解像度は768px。
とりあえず変更することはなかったので、
[Esc]で閉じました。

antiX-out

まとめ

antiX-21で日本語入力の設定を行いました。
インプットメソッドフレームワークにfcitx、
日本語入力システムにmozcを使用した場合の
手順を説明しました。

日本語入力をするためには、
1.fcitxとmozcと関連パッケージのインストール
2..desktop-sessionのstartupに”fcxit-autostart &”を追記
3..desktop-sessionのdesktop-session.confに環境変数を追記
4.Fcitx設定で日本語入力の切り替えを設定する

を行うと完了です。

まだまだ頑張れ、VAIO typeP!

コメント

タイトルとURLをコピーしました