Linuxインストール用USBメモリ作成ソフト(Windows)のこと

Linux

新しくLinuxをインストールする時に使用するのが、
インストール用USBメモリ作成ソフト

以前、VAIO typePにantixをインストールする時に”Rufus“を使用しました。
Linuxを新規にインストールする時に必要になるタイプのソフトです。

antixのホームページで紹介されていたため、
“Rufus”を使用したのですが、
世の中、”Rufus”一択ではないと思い、
同様の機能を持ったソフトを探しました。

一択ではありませんでしたが、
現時点では、ほぼ二択でいいのかも、
って結果になりました。

現在Windowsを使用している方で、
Linuxに興味があって、
「空いているパソコンに入れてみようかな。」
と思っている方など、
インストール用USBドライブを作成される方の
参考になれば幸いです。

インストール用USBメモリ作成ソフトとは

Linuxをインストールする際の手順は、

  1. LinuxディストリビューションのISOイメージをダウンロード。
  2. インストール用USBメモリ作成ソフトを使用し、
    ダウンロードしたISOイメージからインストール用USBメモリを作成
  3. インストール用USBメモリで、インストール先のパソコンを起動。
  4. インストーラーが立ち上がるので、それに従ってインストール。

となります。

このインストール用USBメモリ作成ソフト、
どの位バリエーションがあるのかと思い、
DistroWatch.comのページヒットランキング
上位30ディストリビューション(2022.8.26時点)の
各ホームページのインストール手順で紹介されていた
ソフトたちを集計しました。

その結果がこちらのグラフです。
Rufus“が最も多く13件、次いで”Etcher“が12件でした。
その他は1,2件なので、上位2つのソフトが大勢を占めています。

インストール用USBメモリ作成ソフト比較

上記ソフト達の詳細を表にしてみました。

各ソフトそれぞれ優れた点があると思いますが、
上記2つのソフトのいずれかを選んでおけば、
間違いないようです。

名称開発元最終更新日対応OS日本語対応
RufusPete Batard2022.8.3Windows
EtcherBalena2022.4.22Windows, MacOS, Linux×
Ventoylongpanda2022.7.28Windows, Linux
USBWriteredoms2015.3.2Windows
UNetbootinGeza Kovacs2021.2.4Windows, MacOS, Linux
ImageUSBPassMark Software2020.9.25Windows
USBImagerbzt2021.2.7Windows, MacOS, Linux
ROSA ImageWriterCaptainFlint2016.7.25Windows, MacOS, Linux×
Win32DiskimagerTobin Davis
Justin (Tuxinator) Davis
2018.6.7Windows
対応OSの詳細などは、各ソフトウェアのホームページで確認してください。

“Rufus”と”Etcher”

Rufus

”Rufus”は対応OSはWindowsのみですが、
日本語も含め、多くの言語に対応しています。

Rufus – 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます

Etcher

“Etcher”は各種OSに対応しており、
日本語対応はされていないものの、
UIがとてもシンプルで洗練されており、
迷わず使うことができます。

balenaEtcher – Flash OS images to SD cards & USB drives

まとめ

Linuxのインストールに使用するための、
インストール用USBメモリ作成ソフトについて、
Linuxのディストリビューションが紹介している
ソフトを一部集計しました。

結果としては、
“Rufus”と”Etcher”が多く紹介されているようです。

いずれも、分かりやすいソフトですので、
これからLinuxをインストールしてみたいという方は、
どちらかを選べば間違いないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました