VAIO typeP / VAIO typePにantiX-21をインストールしてみた

Linux

前回の続きです。

VAIO typePを使うため、
Linuxのディストリビューションを調べ、
antiXを使ってみることにしました。

実際に2021年10月時点での最新版である、
antiX-21をインストールしてみます。

インストール準備

インストールの準備は次のステップで行います。

1.antiX-21 のISOファイルの入手
2.入手したISOファイルを元に、インストール用USBを作成するためのソフト【Rufus】を入手
3.Rufusを使用してインストール用USBの作成

ISOファイル〔 拡張子:iso 〕
国際標準化機構(ISOInternational Organization for Standardization)が定義した
光ディスク用アーカイブファイルの形式。ディスクに書かれているデータの頭から
お尻までを一つのファイルにまとめた(アーカイブした)単一のファイルのこと。

ISOファイルの入手

antiX-homepage

antiXを入手するため、
antiXのホームページで
[ Download antiX ] ボタンを
押します。

antiX-download

ダウンロードページにあるサイトの
どこでダウンロードしてもOKです。

今回はRIKENのサーバーから
ダウンロードしました。

なぜかOSAKAのサーバーは
繋がりませんでした。

antiX-site

ダウンロードサイトをクリックすると
ディレクトリ内のファイルが
表示されrます。

i386版のFullを使用しますので、
” antiX-21 386-full.iso “をクリックして
ダウンロードします。

これでISOファイルの入手完了です。

Rufusのダウンロード

antiX-rufus

ダウンロードしたISOファイルを使用して、
VAIO typePにインストールするための
USBメモリを作成します。

単純に、USBメモリにISOファイルを
コピーすればいいようにも思うのですが、
それではダメらしく、
インストールのための起動可能なUSBは、
専用のソフトを使用して
作成しなければなりません。

今回はその道で有名な【Rufus】という
フリーソフトを使用します。

左の画像はRufusのサイトの
トップページなのですが、
この下にダウンロードリンクが
ありますので、
クリックしてダウンロードします。

Rufus - 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます
Rufus: Create bootable USB drives the easy way

インストール用USB作成

antiX-prop

ISOファイルが1.2GBと表示されていたので、
4GBのUSBメモリを用意しました。

昔買ったゼムクリップタイプの
ELECOM製オシャレUSBです。

[ ブートの種類 ]の欄で、
使用するISOファイルを選択します。

[ボリュームラベル]は適当に

最後に[ スタート ]を押すと
作成を開始します。

このソフトは、antiXのサイトで
起動可能なドライブ作成のために
名前が挙がっているほど有名なソフトで、
Linuxのディストリビューションなどを
色々使う方には必須ソフトです。

VAIO typePへインストール

ようやくインストールです。

先ほど作成したインストール用USBを刺したまま、
スライドスイッチをONし、
電源を投入します。

USBメモリから起動

antiX-install1

左の画面になります。

VAIO typePは、解像度の関係で
インストール画面が横に広がった
感じになります。

“F2″を押すと
言語が選択できます。

antiX-install2

言語選択のリストが
出てきますので、
“日本語”を選択します。

antiX-install3

日本語になります。

頻繁にLinuxに触っている方は、
英語の方が理解しやすいと
思いますが、
初心者は安心です。

日本語に切り替える

antiX-install4

この段階では全て英語のなので
日本語に変更します。

左下のボタンからメニューを出し、
[ Apprication ] → [ antiX ] →
[ User Language ] を選択。

antiX-install5

User Language のウインドウ内の
[ Formas ]を日本語に変更します。

日本語を選択した後、
再起動後に表示が変わります
とのコメントが表示されます。

antiX-install6

さらにその後、
“翻訳に協力してね”
のウインドウが出ます。

ちょっと不思議な
日本語でしたが・・・

antiX-install7

日本語になりました。

次にデスクトップにある、
光学ディスクアイコンの
“インストール”を実行します。

インストールする

antiX-install8

インストーラーが立ち上がります。
ここでキーボードの選択ができます。

インストールウインドウの左側にヘルプが表示されて、
とても親切だと思いました。初心者に優しいです。

antiX-install9

インストールタイプの選択で、

・ディスク全体を使用する
・ディスクのレイアウトを

 カスタマイズする

を選べます。
今回はディスク全体を使用します。

antiX-install10

起動関係の設定です。
私はエキスパートではないので、
チェックを付けたまま進めます。

antiX-install11

コンピュータ名、
ドメイン名
は必要に応じて。

antiX-install12

地域の設定です。

特にどこも変える必要は
なさそうなのですが、
“システムクロックは現地時刻を
使用する”
にチェックを入れてみました。

サービス設定は”高度”なので
致しません。

antiX-install13

ユーザーアカウント作成
およびrootパスワード設定です。

ここまで設定が終わると
最後まで進行します。

最後に再起動します。

antiX-install14

再起動すると
ユーザーとパスワードを
入力する画面から
始まります。

antiX-install15

以上でインストール完了です。
軽快です。

まとめ

今でも小型のノートPCは発売されていますが、
VAIO typePほど、欲しい! と思える製品はありません。

携帯できる端末は、スマホもタブレットも色々な種類があるので、
これ何に使えるの?って言われると困りますが、
カッコいいので許してください。

今回VAIO typePのスペックで動作するLinuxを探してインストールしてみました。
インストールはスムーズに進み、思ったよりも簡単でした。
Windowsが入っていた時より、軽快に動作していますので、
使い道を探してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました