SONY VAIO Pro13 / 中古ノートPCの液晶ムラを調べる

PC

以前ソフマップ で、
”液晶ムラあり”との注意書きのある中古のノートパソコン
VAIO Pro13 SVP1321GHJ (2013年発売)を購入しました。

主に外部ディスプレイを使うつもりだったので、
本体の液晶ディスプレイにムラがあっても構わないと思い、
現物を確認して購入を決めました。

今あらためて液晶ディスプレイを見ても、
どこが異常なのか分からないくらいのムラです。
液晶ディスプレイである以上、
ムラはゼロではないですしね。

今回は”液晶ムラあり”の中古ノートパソコンの
ムラが実際にどのような状態なのか調べてみました。

製品について

vaio-keyboard

VAIO Pro13 SVP1321GHJは
SONYブランド最後の方のVAIOです。

名古屋駅西前ビッグカメラ内の
ソフマップで見つけたVAIO Pro13。
中古品が7~8万円だったように記憶しています。

本製品はSONY製なので仕様書は
SONYのサイトで調べることができます。

SONYのサイトから調べた製品仕様は以下の通りです。

モデル SVP1321GHJ
CPU インテル Core i5-4200U プロセッサー1.6GHz
メモリ 4 GB (オンボード)、デュアルチャンネル転送対応
ストレージ SSD 約128 GB (128 GB × 1) (Serial ATA 6 Gb/s)
グラフィックアクセラレータ インテル HD グラフィックス 4400
液晶表示装置 13.3 型ワイド (16:9)、解像度:Full HD 1920 × 1080LEDバックライト、IPS液晶、低反射コート
システムファームウェア UFEI
セキュリティーチップ(TPM) 搭載 (TPM1.2)
USB SuperSpeed USB (USB 3.0) port with charging function × 1、
SuperSpeed USB (USB 3.0) port × 1
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n準拠、WPA2対応、Wi-Fi 適合
ネットワーク(LAN)
Bluetooth Bluetooth 4.0 準拠

仕様書から分かる通り、

・メモリもオンボードな上に、空きスロットなし
・ストレージはSSD

ということで、
現状以上の性能へのアップグレードができそうにありません。
Windows10を使う上で、メモリを4GB以上増設できないのが痛いです。

vaio-rear

製品の一生の中で、
”メーカー以外内部へアクセスすることはない”
との考えか、
製品をぐるっと見回しても、
どこにもねじが見えません。

裏面にもVAIOのロゴが入っていたりして
美しいです。

vaio-screw

ねじは底面の各ゴム足の裏側に隠されています。

ゴム足は両面テープのようなもので
貼り付けられているため、
ピンセットなどでゴム足を
引き剥がす必要があります。

ヒンジ近傍のゴム足は
ガッツリ貼り付けられているので、
剥がす時には傷を付けないよう、注意が必要です。

ネット上のレビュー記事などにも書かれていますが、
製品の剛性がちょっと弱いように思います。

私は特にタッチパッドをクリックする時に
へこむような感覚があり、
弱そうだと感じました。

液晶ムラの確認

液晶ムラはなぜ発生するか

display

左の図は液晶ディスプレイの構造を簡単に表したものです。
この中で液晶ムラの原因となる部分は大きく三つあるようです

1.液晶ユニット部のカラーフィルタの精度ばらつき
2.バックライト部LED光源の劣化

3.各部品間の隙間の発生

今回の製品が初期不良でなければ、
恐らくLED光源の経年劣化もしくは
いずれかの部品間に隙間が生じたものと
考えられます。

液晶ムラの確認方法

液晶ムラの確認方法は以下の記事を参考にさせていただきました。

EIZO株式会社⇒EIZOライブラリー⇒掲載記事⇒
 「”画質の差”が丸わかり!――液晶ディスプレイの表示チェックをしてみよう」

確認のための手順は次の通りです。

1.デスクトップ上のアイコンを一度別のフォルダに移動
2.タスクバーを”自動的に隠す”に設定
3.個人用設定の背景を単色に変更
4.RGBの数値を打ち込んで黒、白、灰、シアン、マゼンタ、イエローを表示させる
5.それぞれの画面をデジカメで撮影する

今回のVAIO Pro13と液晶パネルを交換したThinkPad X240で比較しました。
いずれもISP液晶で解像度は1920 × 1080です。
それぞれACアダプタを繋いだ状態で、最大輝度に設定しています。

光源の状態などにより色味は比較できないかもしれませんが、
液晶のムラは判別できると思います。

液晶ディスプレイの比較結果

それぞれの製品の液晶ディスプレイ写真を下に並べます。
白と灰の写真の色がホントに?って感じですが、
ムラの状況が分かればいいので、
これでいいことにしましょう。

機種名 VAIO Pro13 ThinkPad X240

R:0
G:0
B:0

R:255
G:255
B:255

R:128
G:128
B:128
シアン
R:0
G:255
B:0
マゼンタ
R:255
G:0
B:255
イエロー
R:255
G:255
B:0

VAIO Pro13の結果

確かにこうしてみると液晶の左下側にムラがあるようです。
ただ、通常このような背景色で使用することはなく、
ほぼ外部ディスプレイを使用していたということもあり、
実害はゼロでした。

ThinkPad X240の結果

四隅が若干暗くなっているように見えますが、
異常とみられるムラはなく、キレイです。
交換して間がないため、
経年劣化もないはずです。

まとめ

中古品を購入する際、
液晶ムラ、傷などはできれば、
現物をみて判断することをお勧めします。

の欠点が自分の使用用途に対して、
許容できるものであれば、

安く購入できるのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました